2015年09月19日

憂い

とんでもない暴挙の一夜が明けて、今後の日本が心配でなりません。
FBなどネットを見るのは辛いですね〜色々な情報(意見)が飛び交い反論したいもの、頷けるもの多々有ります。
呆れたり怒りが込み上げる事もしばしばです。
ある方が「3・11 国難とも言える災害で政治家は目を覚まし一丸となって行動するようになると思ったのですが、幻想でした。」
その言葉を思い出す今日この頃です。
国民があれほど反対行動をとるのに強行した政治家を皆さんは信じることができますか?
定数削減でも嘘ついてますよね!


彼の言葉を信じることは先ず出来ない!

法案の成立を喜ぶ人に 
日本はアメリカに占領された状態がまだ続いていると思えませんか?
地位協定は不平等、日本の空を牛耳っているのはアメリカだし・・・
同等の立場になってから初めて同盟国と言えるのではないのでしょうか?
なんにも言えず、頷く国としか見えませんが・・・

野党の皆さんにはこれからどうしていくのか
その道筋を示して欲しいです、
(今後の選挙で投票所に行く判断材料)

毎日頑張った学生さん達
新しい息吹、発想の転換、今後の行動に期待しております。

サッカーのワールドカップの際
国旗をふり、応援する若者を見て私は一抹の不安を覚えました。
(一寸煽ればまた言う事をきく!)と
戦争で儲ける輩がまた動き出さないかと・・・

若者はよく考えた!
考えるようになった
この後の日本のあり方を   頑張れ若者!

追伸
後方支援が安全と言うことはありえないでしょう
ドイツのUボートは輸送船を沈めまくったし、
戦闘地域では警備の手薄な輸送ルートから攻撃されるのは
書籍を見ても映画を観ても明らかだし・・

今日思ったことをなんとなく書き留めました、
唱歌 ふるさとに歌われる日本が好きです。
少しでも良い方向に進みますように 祈
posted by うまよいびと at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163961760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック