2018年04月19日

上手く良くのか?行けるのか?


宮沢賢治の詩にも出てくるマノサロワール湖(阿耨達池幻想曲
彼は観ていません、想像で書いた詩です。
その神秘さは凡人には言葉に出来ない美しさとか・・・
そしてその奥には聖なる山 カン・リンポチェ(カイラス山)が見えるはず
川口彗海が天然の曼陀羅と称した山並み
チベット仏教の聖地、ヒンズー教そしてボーン教の聖地でもある
カン・リンポチェ五体投地でその山を回る人々
とんかつの店馬酔木のHPにリンクしてある野町和義さんの写真を見てから
憧れの地でした。
偶然にその地に行けるツアー(現在チベットは個人旅行禁止)を見つけ申込を致しました。
最高地点で高度5800m非常に空気は希薄で要するに高山病になる危険な地域
参加には医師の診断書が必須
身体全部を調べて頂いて、再検査が2度ほどでした。
一番驚いたのは心臓に不整脈あり・・・(まじで!)
再検査は北部病院で心エコーと
トレッドミル(ルームランナー)で坂を登る負荷をかけて
心電図に不整脈が出るかの検査
(坂を走って登くらいまで)でしたが、
不整脈は検知できず(ホッ・・)
担当のドクター(笑顔の素敵な女性でした)は
最後に
「お大事に・・・ではありませんね。頑張って行ってきてください!」
これは行かない訳にはいきませんから!
筋トレ&持久力UPにチカラが入る毎日です。

果たして行けるのか・・・(チョッピリ不安な毎日です)
posted by うまよいびと at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183018819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック