2018年06月17日

高山病?悪夢?


6月1日のブログも出発前に予約(日にち)投稿を致しました。
おかげ様で高山病の症状は皆無でした。
移動のバスから降りてストレッチして動き出すと・・・
何故か?息が切れる(笑)標高5000mを感じます。
腹式呼吸を繰り返し、少しリラックス致しますと、
身体は少し楽になります。
ですが、
問題なのは睡眠時です。
通常の高度なら、寝ているわけですからそれほど酸素は使わない。
ですから、喉の気道は狭くなるらしいんです。
でも、標高の高い場所ですと、酸素が来ない!
寝ていると(寝つこうとすると)苦しい!
そこで、現れたのが悪夢(笑)
悪夢part1
私、ヨガ教室におります。
ストレッチして先生の登場を待っています。
講師登場
講師の真似をして後ろにのけ反ると
頭からすごい音で落ちる。
「須藤さん大丈夫ですか?」
驚いて駆け寄る講師
「アッ・・・大丈夫です、私は今チベットにいますから・・」

悪夢part2
車を運転しておりました。
停止線をはみ出したので、少しバックしますと
横をこすってしまいました、
「あ〜あ〜!」と焦って車を前進させますと
勢いで反対側も接触!
「まいったな!」と悩んでいたら
「大丈夫!今はチベットだから!」

悪夢part3
2時間ぐらいの間に夢3本立てだったのですが、
最後は忘れました(翌日は覚えていたんですがね〜)

こうなると、
苦しくてベットから上半身を起こし呼吸して
‶うとうと‶するだけとなります。
高地トレーニングをお願いした
ミウラBCでの言葉を思い出します。
「キリマンジャロを登るより、須藤さんの方がきついかも
 キリマンジャロは登頂すれば下りて標高が下がるけどカイラスは
 標高5000mで寝ますよね〜。それ危険です、、、寝ないでください」
6月に入ってから就寝前高山病に効果のある薬を半錠だけ飲む事に致しました。
副作用でトイレが近くなり、夜のトイレ回数が増えました。
(結局!熟睡が出来たのは数日後となりました)

昼は元気一杯
夢には出ませんでしたが、マナサロワール湖です。
最初にこの湖を目にした日本人は川口慧海師

DSC01410.JPG

チベット仏教、ボン教、ヒンドゥー教の聖地で
インドの方はこちらで沐浴をしてからカイラス山に向かうようです。
DSC01412.JPG

DSC01414.JPG

DSC01416.JPG

そして、
遂に私達の目の前にカイラス山が現れました。
DSC01408.JPG

写真の無断使用はご遠慮くださいませ

posted by うまよいびと at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183565435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック