2018年07月28日

お詫びと対応


本日、ランチタイムでの出来事です。
男性2名のお客様に揚げ物が出まして、
キャベツのお替りのお声がかかり対応いたいました。
その後、スタッフがキャベツの器を持ち、
私に「キャベツの中に薄い手袋が入っていた」と報告でした。
即座に器を見ますと
それは、
キャベツの時だけに使う薄い透明な簡易手袋でした。
疑う余地のないわたくしのミスです。
直ぐにお詫びにテーブルに伺ったのですが、
どのような状態から混入になった事を説明致しました。

通常、揚げ場以外はブルーのビニール手袋を使用しております。
ホワイトの手袋もあるのですが、破損して食品に入った場合、
見つけやすい為です。
(同様の理由からラップもブルー色を使用しております)
手袋をして食材や下げものを触りますと、
別の仕事に移る時、
手を洗いましても素手の様には綺麗に洗えたかわからない時があります。
そこで、
キャベツを器に盛る時、ブルーの手袋を着用したまま水洗い。
それから、簡易手袋をその上に着装してキャベツを盛っております。

なぜ、今回の事故が起こったかと申しますと、
キャベツの小出しが少なくなり、キャベツの器に少量を乗せ
大きいポットを冷蔵庫から出す為に簡易手袋を脱ぎ
キャベツの器に乗せた。(ここが間違い)
大きいポットからキャベツを移し、
お客様のお替りのキャベツの量を足す時、
簡易手袋を捨てたと勘違いして新しいものを使用した。
(チェックミス)
このような状況で異物混入となりました。

申し開きのできる事ではありませんが状況だけはご説明させて頂きました。
わたくしの認識不足と申しますか、お客様の立場に立ったお話が出来なく
お客様の不信をかってしまい
反省しております。

今後、
このような事故が起こらない様に対策と致しましては
キャベツのご用意は大きなトングで掴んで器に盛る。
上手く盛れませんが一番衛生的で問題は無いと思えます。

お客様は声を荒げることも無く
紳士的にわたくしの対応の悪さを
教えてくださいました。
最後に
「美味しいものを食べに来たのに」と言われた事は
重くこたえました。



DSC_1766.JPGDSC_1767.JPGDSC_1770.JPG
posted by うまよいびと at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184040194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック