2018年08月17日

夏休みが終わり(ちょっとだけチベットのお話)


昨日で馬酔木の夏休みも終わりまして、今日から平常営業となりました。
皆様、連休明けでお忙しいのでは・・・(暇かな?)
と、
思っていたのですが、ランチは忙し(嬉しい悲鳴)かった。
NHKのTV
15日は山の不思議な話、
そして16日は京都の大文字焼の中継をみてまったりしておりました。
その時
何となく思い出したのが、チベットの事でした。
TVなどで聞いたことがあると思いますが、
鳥葬のお話です。
「チベットでは鳥葬師にお願いするんですよね」とチベット人のガイドさんに
伺いますと
「私たちの地域では親の鳥葬を子供が行います」との事
(ヒエ〜・・・)
「それでは彼方もお父様を・・・」
「ハイ、祖父を父が送りましたので、
   今度は私が父を送ります」
と、キッパリ!
カイラス山を巡っておりますと、何か所かの鳥葬場所を目にします。
鳥が食べ残すと良くない事のようで、細かくするらしいのですが、
興味本位でお聞きするのも良くないでしょうから、話はそこで中断です。

鳥葬場所の近くには個人の着ていた衣服が石にかけてあったりして、
一寸暗がりでは怖いんです。
丁度いい大きさの石に帽子とかかけてあるとドキッとします。
そして、時代なんでしょうね
プリクラの写真が貼ってあったりして、
あまり見ないように通り過ぎました。

先ほどブログのアクセス記録を見ていたんです
5月30日あたりから6月にかけて異様にアクセスが多い!
(スゲ〜って感じです)
とんかつ屋のオヤジがへんな旅しているから(笑)
アクセスの時間帯は深夜から早朝が大多数。

中々、
上手く伝えられないもどかしさもありました。
お許しくださいませ。

DSC_1434.JPG
posted by うまよいびと at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184200000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック