2018年11月15日

ボヘミアン・ラプソディ


月曜日をランチタイムのみの営業といたしましたお陰で
夕食の後に映画鑑賞に行ってまいりました。
クイーンのフレデリー・マーキュリーを取り上げた
ボヘミアン・ラプソディです。






ホール主任は学生時代は大ファンでした。から大感激!
(もっと演奏を聞きたかった!と一寸不満も)
私たちが他に注目したのはベースのジョン・ディーコン役の彼は!
なんと!我が家でベスト1の映画
マイフレンドフォーエバーの子役(ジョー・マッゼロ)です。



エイズで死んでいく子供を演じていた彼が今回は
エイズに感染したマーキュリーの傍にいる。
何か不思議な感じですね。
アメリカのTVドラマ、パシフィックでもいい味出してたな!

次回の映画はパットマンか!
では、また。

posted by うまよいびと at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184951131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック