2018年06月22日

グゲ王城遺跡


チベットの情報はあまり日本で目にする事は出来ません。
特に西の果てですと・・・アリ地区
アリ地区と言うのはチベット自治区の最西部で新疆ウイグル自治区やインドと境界を接します。
昔は道路状況が悪かったのですが、現在は舗装工事が完了しアクセスが楽になりました。
カイラス山巡礼を終えた翌日はその道路を300q走りアリ地区ンガリ地方にある

DSC01648.JPG

グゲ王城遺跡の見学となりました。

DSC01817.JPG

遺跡に着きますと幸運にも!
中国政府の広報活動の一環でしょうか?
地元の踊りをビデオに収録しておりました。
少し遠くから見学と少し写真を
DSC01814.JPG

DSC01812.JPG

DSC01796.JPG

DSC01810.JPG

グゲ王国は(842〜1630)その最後の王宮がこちら
想像以上にデカい!
残念なのはここも文化大革命で徹底的に破壊されていること。

DSC01818.JPG

あまり壊されていない仏像もあるのでガイドさんに
「命令で壊せと言われたけれど良心の呵責からこの程度にしたのか?」
と聞きますと
「違います!金や宝飾品の多い仏像は略奪の対象ですから」・・・とのこと。
言葉を失う

DSC01835.JPG

遺跡の頂上までは結構厳しい登り
息を切らして登り、呼吸を整えていると
はるか下に見えるランチェン・ツァンポ川から
爽やかな風が吹き上がってくる。
当時の王様はどんな風景をみていたのだろうか。

DSC01840.JPG

posted by うまよいびと at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2018年06月20日

進まない仕事(どうも燃え尽きたようで)


チベットから帰って、早1週間ですが、
どうも・・・燃え尽きたようで(苦笑)力が沸いてきません。
旅行記(見直せるので)と言う事で写真をFBとインスタグラムにUP
これを終わらせて!仕事(伝票類の雑務)にはいります。
6月4日は10時間のトレッキングなので早朝5時半に出発
途中にはドルマ・ラ(峠5668m)を
越えなければいけない難所があります。
最悪のコンデションの手前の装備で臨みました。
暑いお茶をアルミのボトルに入れて歩き出したのですが、
2時間ぐらいでシャーベット状になっておりました。
幸運なことに天候にも恵まれ、雪も少なく
無事に峠を越えることが出来ました。

今回は体調も万全で
高度順応も上手くいきました。
誰かに見守られていると感じるのは
考えすぎでしょうか?
DSC01522.JPG

DSC01523.JPG

DSC01545.JPG

DSC01585.JPG

DSC01567.JPG

DSC01541.JPG
posted by うまよいびと at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2018年06月17日

高山病?悪夢?


6月1日のブログも出発前に予約(日にち)投稿を致しました。
おかげ様で高山病の症状は皆無でした。
移動のバスから降りてストレッチして動き出すと・・・
何故か?息が切れる(笑)標高5000mを感じます。
腹式呼吸を繰り返し、少しリラックス致しますと、
身体は少し楽になります。
ですが、
問題なのは睡眠時です。
通常の高度なら、寝ているわけですからそれほど酸素は使わない。
ですから、喉の気道は狭くなるらしいんです。
でも、標高の高い場所ですと、酸素が来ない!
寝ていると(寝つこうとすると)苦しい!
そこで、現れたのが悪夢(笑)
悪夢part1
私、ヨガ教室におります。
ストレッチして先生の登場を待っています。
講師登場
講師の真似をして後ろにのけ反ると
頭からすごい音で落ちる。
「須藤さん大丈夫ですか?」
驚いて駆け寄る講師
「アッ・・・大丈夫です、私は今チベットにいますから・・」

悪夢part2
車を運転しておりました。
停止線をはみ出したので、少しバックしますと
横をこすってしまいました、
「あ〜あ〜!」と焦って車を前進させますと
勢いで反対側も接触!
「まいったな!」と悩んでいたら
「大丈夫!今はチベットだから!」

悪夢part3
2時間ぐらいの間に夢3本立てだったのですが、
最後は忘れました(翌日は覚えていたんですがね〜)

こうなると、
苦しくてベットから上半身を起こし呼吸して
‶うとうと‶するだけとなります。
高地トレーニングをお願いした
ミウラBCでの言葉を思い出します。
「キリマンジャロを登るより、須藤さんの方がきついかも
 キリマンジャロは登頂すれば下りて標高が下がるけどカイラスは
 標高5000mで寝ますよね〜。それ危険です、、、寝ないでください」
6月に入ってから就寝前高山病に効果のある薬を半錠だけ飲む事に致しました。
副作用でトイレが近くなり、夜のトイレ回数が増えました。
(結局!熟睡が出来たのは数日後となりました)

昼は元気一杯
夢には出ませんでしたが、マナサロワール湖です。
最初にこの湖を目にした日本人は川口慧海師

DSC01410.JPG

チベット仏教、ボン教、ヒンドゥー教の聖地で
インドの方はこちらで沐浴をしてからカイラス山に向かうようです。
DSC01412.JPG

DSC01414.JPG

DSC01416.JPG

そして、
遂に私達の目の前にカイラス山が現れました。
DSC01408.JPG

写真の無断使用はご遠慮くださいませ

posted by うまよいびと at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2018年06月15日

5月30日のブログ記事(チョモランマ展望)


お気づきかもしれませんが、
5月30日のブログは旅行前に日にち指定で予約投稿したものです。
チベット(中国は)FB,LINEなど使用できません。
ミラーレスの一眼カメラ&スマフォで写真をと計画しておりましたが、
唯一の問題は
へき地旅行ですからバッテリーの充電ができるかどうか不安でした。
(予備のバッテリーは使わずに済みましたが、宿に着くと即コンセントを探す日々)

そんな訳で、「みえたらいいな!」の希望をこめて想像してUP致しました。
唯一 
違うところは高山病にかからなかったこと!
夜明けとともに日が差すと一番高い山の頂上が赤く染まります。
「やはりチョモランマなんだね〜」と変に頷いて(笑)

DSC01197.JPG

DSC01198.JPG

DSC01210.JPG

DSC01216.JPG

写真の無断使用はご遠慮くださいませ
posted by うまよいびと at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2018年06月06日

体調は良好

昨日、無事にサイラス山巡礼をおわりました。
雲一つない快晴の夜明け
5668メートルのドルマ-ラ峠から見るサイラス山の神々しさには涙が出るほどでした。
現在インドに近いグゲ遺跡を見学中です。
posted by うまよいびと at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2016年02月17日

御休です

DSC_0322.JPG雪を楽しみに籠ってます。
本を一冊携えて。
posted by うまよいびと at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2010年12月13日

宮崎建樹様のご冥福をお祈り申し上げます。


昨日の毎日新聞に宮崎建樹さんの遺体を発見と報じられていました。

10年前に四国を歩いた時、手にしていたのは宮崎様が編集された、四国遍路ひとり歩き同行二人でした。
お寺はもとより、食事、お宿、郵便局・・・など
そして歩き遍路には欠かすことの出来ない遍路道の詳細が乗っております。
四国の山の中を一日中歩く事も度々でした。
地図を頼りに食料を買いもとめ、リュックに積めて山にはいったものでした。

ご本がなければ歩き通すことが出来なかったと今でも思っております。
帰郷後、その感謝を手紙にしたためましたところ
宮崎様より結願のお祝いに色紙をお送りいただきました。
色紙は今も自宅の玄関脇にかけてございます。

昔あったであろう遍路道を古文書を頼りに調査、実際に歩かれ、遍路道を復活されたのは
宮崎様のお力です。

四国を歩く素晴らしさはわたくしの文章力では表現できませんし、感動もお伝えできません。
歩いたものだけが知ることの出来る感動それが歩き遍路です。

ひとり歩き同行二人
一人で歩いていても弘法大師は傍にいて修行されておりますよ
そんな意味ですが
こんど  
四国を歩ける機会があるなら、
ひとり歩き同行三人です。
いつも歩き遍路の安全を見守っている宮崎様がお傍にお出でのはずですから。

宮崎建樹様のご冥福をお祈りいたします
                合掌
posted by うまよいびと at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年10月25日

諏訪湖へそして洗馬で昼食(蕎麦)

コロボックルの女性スタッフさんからの情報で水曜日の行動を決めました。
とても感じの良いチャーミングな方でPCで検索した情報を昨夜のうちにお聞きしました。
三箇所の立ち寄り湯の中から一押し!(彼女の)
諏訪湖の畔にある片倉館(千人風呂)です。
霧が峰から車で20分ほどで到着
その昔
シルクエンペラアーと呼ばれた片倉家の2代目が昭和3年に従業員の福利厚生施設として造ったとか・・・

そして誰もいないので・・・
こっそりとパチリ

素敵な建物はHPを見てもらえばお解かりだと思いますが、
隅々まで掃除が行き届いており清潔でとても好感を覚えました。
二階には休憩が出来るようになっています。
お茶を頂きながら
昭和初期
此処にはどんな人が訪れていたのか、暫し思いを巡らしておりました。


その続きですが・・・
posted by うまよいびと at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2009年10月24日

流星と朝の散歩


コロボックルさんから外に出まして夕焼けを見ながら
散歩いたしました。

少し風は強かったのですが・・・
明け方は雲が消え星空に・・・
寒さの中、流れ星に願いを・・・・
「皆、健康で幸せでありますように」
キッチリお願いが出来るほど長く光っておりました。

山小屋(部屋からの写真です)

霧が峰湿原の木道です。

初霜ですね。

富士山も綺麗にみえました。

コロボックルさんで朝食の後、デザートは外で
気分は最高!
今日は何しようかな〜♪
posted by うまよいびと at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2007年07月30日

玉村豊男さんのレストランでランチ

 長野県東御市に玉村さんのワイナリーがありそちらにレストランが併設されており、お花散策のあと立ち寄りました。 3500円と2000円の二種類で11時30分と13時30分の二回の総入れ替えで、私たちは山からですから13時30分を予約、中々来れませんし、お席も違うようですから3500円のコースにいたしました。_2_088



入り口付近の写真です。この付近一帯がブドウ畑になっております。_2_089



玉村さん直筆のテーブルマット





_2_090 雪マスのコロッケ_2_091



クレソンニョッキのサルシッチャソース





_2_092_2 





新玉葱の冷製スープ



_2_094 サーモンのハーブのせグリル





_2_095  デザート





美味しくいただきました。お店の方の対応が非常に良く玉村さんのお人柄の為かと関心いたしました。

posted by うまよいびと at 00:01| Comment(0) | 旅行記

2007年07月28日

池の平湿原(湯の丸高原)

 先日の火曜日は快晴池の平湿原に花めぐりを楽しんでまいりました。信州上田の手前湯の丸ICから一気に2000Mまで車で登ると池の平湿原があります。お宿の情報ではコマクサが咲いているとか、、_2_013_1 歩き始めると遠くにかすんで富士山も見えます。



_2_066_1これはハクサンフウロです。_2_068_1



テガタチドリ                                   



_2_070_1



      



_2_071_1



マイズルソ  _2_073_1       







いわずと知れた初雪草(エーデルワイス) 



                                                                     

    _2_074_1       





ハクサンオミナエシ



 



_2_075_1



 カラマツソウ











_2_065_1



そしてお目当てのハクサンコマクサです。



_2_082_1山出会うには4〜5時間登山をするのが常ですから、嬉しいやら、もったないやら。







_2_077_1



こちらは車ユリです。葉の部分が車輪のようですね〜

posted by うまよいびと at 23:44| Comment(0) | 旅行記

2006年09月27日

恵介君の写真 NY

New_yrok_025 今回の9、11の写真が出来上がりました。



NYの写真と現地での書き込みの様子です。日本のTVではフジの取材を受けたとか、恵介君曰く「彼らの思いは複雑!僕が考えている以上に現実は厳しい」確かに世界中の文字で埋め尽くされております。(イスラム圏の人の書き込みの上にユダヤ人が書き込んだり、、)



Ccf20060927_00000



Ccf20060927_00002

posted by うまよいびと at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記