2018年09月28日

土曜日、日曜日は


土曜日、日曜日そして祭日はランチメニューのご用意がございません、
グランドメニューからのご案内となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
台風の接近に伴い営業は
状況を判断してとなりますので
30日のPM5時30分からのご予約はお受けできません。

posted by うまよいびと at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年09月26日

南アルプス烏帽子岳


9月の連休を利用しまして南アルプス烏帽子岳まで登り、
遠く富士山を望む山旅をしてまいりました。
どうも南アルプス関連の山はアクセスが悪く予定が立てにくいですね。
早朝3時に起きだし(雨模様)中央高速から諏訪湖を過ぎ松川インターを
下り大鹿村を目指します。
一般道を下りてからも1時間半は歩き始めるまでかかります。
道に迷った事もありますが・・・。
目指すは三伏峠小屋
登りで一汗かき始めると(1/10の親切に表示が出ております)
この表示が増えるのを頼りに頑張る二人(ホール主任とわたくし)
心配していたお天気も回復(雲多し)
無事に三伏小屋に到着
明日の早朝の方が天気は回復と言う事で
あたりを散策。

早めの夕食で食堂に
そこで!・・・
お隣の席の方にご挨拶して吃驚!!

アッ!クマあしさん
チベットトレッキングの前に足慣らしで5月に七面山〜安倍峠をガイドしてくださった
唐橋さんとその時にご一緒した方でした。
まさかここでお会いするとは・・・
会うべき人には会うもんだね〜と
ホール主任と大笑いでした。

7時に消灯(電源が落ちる)
そんな時間には寝れません!
何とか眠りに就くと冷や〜として目が覚めます。
相当冷え込んできた!(翌日の話では5度まで下がったとか)
布団を直してガラス越しの空は星が沢山
これは期待できそうだ
5時に朝食5時半に烏帽子岳を目指します。
ご来光には間に合いません。
年寄りには
暖かいお味噌汁はすてられない(笑)

烏帽子岳からは車まで登った道を
戻るだけですからノンビリと散策しながら下山です。

DSC02186.JPG

DSC02192.JPG

DSC02196.JPG
クリックしてみてください烏帽子岳山頂には先客が・・・

DSC02203.JPG

DSC02198.JPG

下山後はそのまま帰るのは不安がありますので
大鹿村泊まりと致しました。

翌日、高遠経由で帰路に着きます
一寸お友達にお会いしてから、、、。

下山時に少し(けっこう)膝に来たのはクマあしさんには内緒です。
posted by うまよいびと at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記

2018年09月16日

敬老の日


今週は敬老の日と言う事もあり、ご年配のお客様が多いですね。
フッと思ったんですが・・・幾つになったら老人でお祝いされるのか・・・。

後期高齢者は75歳以上
前期高齢者は65歳以上〜75歳未満

このあたりが線引きでしょうか?
よくよく考えますと
ソロソロお祝いされそうな歳に(苦笑)

体調はそれほど悪いわけでもありません。
タニタの高機能体重計の計測では
なんと!
体内年齢48歳!
(十分まだいけるか!)
ですが、
このところ一日の立ち仕事は辛くなっておりますし、
潮時かと思い始めています。
一応あと14ヶ月、
来年の12月で馬酔木を引退する事にしております。

思い描いていなかったこれからの生活
さ〜どうしましょ(笑)
posted by うまよいびと at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年09月12日

急に冷え込みました。


目を覆いたくなるような水害、台風そして地震の被害を見ておりますと、
お気楽にブログを書くことも出来ないそんな状況が続いた夏でした。
地震はどこで起きても不思議ではないです。
いつ起きても対応できる備えが大切です。
チベットに旅行して中国側からヒマラヤ山脈を見ますと
それは雄大さに感動致しました。
ですが、
それにもまして驚いたことがあります。
エベレストの成り立ちから

こんな感じで出来たんだから

移動中に見える地層それは物凄い!
例えば
横に地層が形成されている
その先は地層が直立していたり
湾曲してたり
それは眺めていて
「学生時代もっと地理とか地学を勉強すればよかった」と思ったほど。

地球は生きている!と
実感できる貴重な体験でした。

問題なのは
その後の対応です、現在物流が止まったしわ寄せが現れております。
今後
牛乳、バターなどの乳製品の品薄になるでしょうし、
市場は
ジャガイモ、トマトなど野菜類は現在学校給食優先となっております。
この状態に
今後の台風などで最悪の想定をした場合
心配でなりません。

オリンピックに向けて
観光!おもてなし!と大喜びしている政府ですが、
自給率をあげないと不安なんですが・・・
そんな中であまり議論することも無く決まった
種子法廃止は不安しかありません。
この国・・・どうなるのだろう
posted by うまよいびと at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年09月09日

白金豚入荷


とんかつの店馬酔木で一番人気のお取り寄せ

プラチナポーク!白金豚が届きました。
ご来店をお待ちしております!
岩手県花巻より白金豚(ロース&ヒレ)
ロース180g・・・2800
ロース150g・・・2600
ロース130g・・・2400

ひれ140g・・・2800

posted by うまよいびと at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年08月31日

八月が終わります。


八月の31日だと言うのにPM3時に自宅に向け歩いておりましたが、
クラクラする暑さでした。
交差点で信号待ちは出来るだけ日陰を探して(笑)
来週は台風の接近もありそうで、気が抜けない
9月の始まりになりそうです。
でも、朝夕は確実に気温が下がっておりますし、
店舗に差し込む日差しは随分変わりました。
もう少しの辛抱です。

残暑厳しき折
皆様 お体ご自愛下さいませ。

DSC_1888.JPG
posted by うまよいびと at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年08月30日

植物は強い!

昔、とんかつの店馬酔木の玄関前に置いておいた鉢に入った竹
日当たりが悪かったので自宅に持ち帰りました。
現在は自宅玄関横に置いてあります。
移動して3〜4年でしょうか?
今年、あまりの暑さから日陰を竹がつくれそうなので少し移動致しました。
ところが、中々動かない!
ヤッとの思いで動かしますと、
鉢の下の排水穴から根が出まして(笑)
「これじゃ〜動かない訳だ!」
先ほど根を掘り返しますと
下のような状態で・・・
全部掘り出せたか疑問です。
庭掃除をしていると植物の戦略に驚かされる事が多いです。
‶雑草‶の一言で片づけるのは簡単ですが、
それぞれに適した生き残りの手段には脱帽ものです。
竹も根を伸ばしても鉢のすぐ傍では地表に現れず、
まるで鉢の竹とは関係が無いような距離まで
根を横に伸ばし茎と葉を出します。
引き抜きには一汗かきました。
もし、
玄関先に鉢植えの竹をお持ちの方
少しずらしてみることをお勧めいたします。

DSC_1908.JPGDSCPDC_0000_BURST20180830154756843.JPG
posted by うまよいびと at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年08月23日

ご注意下さいませ!


とんかつの店 馬酔木への入り口と申しますか
前高山の交差点(ガソリンスタンドの坂)から2本目を左折致しますと
とんかつの店馬酔木まで、あと少しです。
が、
その角のアパートが現在取り壊しの工事中です。
解体した部材を運び出すダンプカーも留まっております。
工事中は
誘導員の方もおりますので
指示に従い、注意の上通行下さいませ。
posted by うまよいびと at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年08月21日

防災用品を入れ替えましたが・・・


そろそろ防災用品を入れ替えとの事で、
備蓄していた
食材を食べております。

DSC_1845.JPGDSC_1850.JPGDSC_1851.JPGDSC_1853.JPGDSC_1847.JPG


パンからごはん物まで多数
(結構・・・おいしい!)
最後に賞味期限を見たら・・・!
「日切れ過ぎだろ〜」
でも
現在、大丈夫(笑)
しかし!
休日の今日
なんか、おなか痛い
(フッと缶底の日にちを思い出しました)

皆様、
備蓄品のチェック忘れないでくださいね。
posted by うまよいびと at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年08月17日

夏休みが終わり(ちょっとだけチベットのお話)


昨日で馬酔木の夏休みも終わりまして、今日から平常営業となりました。
皆様、連休明けでお忙しいのでは・・・(暇かな?)
と、
思っていたのですが、ランチは忙し(嬉しい悲鳴)かった。
NHKのTV
15日は山の不思議な話、
そして16日は京都の大文字焼の中継をみてまったりしておりました。
その時
何となく思い出したのが、チベットの事でした。
TVなどで聞いたことがあると思いますが、
鳥葬のお話です。
「チベットでは鳥葬師にお願いするんですよね」とチベット人のガイドさんに
伺いますと
「私たちの地域では親の鳥葬を子供が行います」との事
(ヒエ〜・・・)
「それでは彼方もお父様を・・・」
「ハイ、祖父を父が送りましたので、
   今度は私が父を送ります」
と、キッパリ!
カイラス山を巡っておりますと、何か所かの鳥葬場所を目にします。
鳥が食べ残すと良くない事のようで、細かくするらしいのですが、
興味本位でお聞きするのも良くないでしょうから、話はそこで中断です。

鳥葬場所の近くには個人の着ていた衣服が石にかけてあったりして、
一寸暗がりでは怖いんです。
丁度いい大きさの石に帽子とかかけてあるとドキッとします。
そして、時代なんでしょうね
プリクラの写真が貼ってあったりして、
あまり見ないように通り過ぎました。

先ほどブログのアクセス記録を見ていたんです
5月30日あたりから6月にかけて異様にアクセスが多い!
(スゲ〜って感じです)
とんかつ屋のオヤジがへんな旅しているから(笑)
アクセスの時間帯は深夜から早朝が大多数。

中々、
上手く伝えられないもどかしさもありました。
お許しくださいませ。

DSC_1434.JPG
posted by うまよいびと at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ