2018年07月27日

台風の接近


連日、台風の接近による強風と大雨の予報が出ております。
最悪の状況では営業は難しく、
早じまいも視野に入れております。
土曜日はPM7:00以降のご予約はお受けできませんので
ご了承くださいませ。
posted by うまよいびと at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年07月24日

ワンダー 君は太陽


月曜日はランチタイムのみの営業となりまして、
夕方からの時間を有意義に使っております。
仕事(事務整理)だったり打ち合わせだったりとお店の事もありますが、
今回の月曜日は久々に映画鑑賞でした。
ホール主任と二人ですが、お互いに
「良い映画だったね!」と言えるいい作品でした。
今週で上映は終わるようですから、レンタルが出ましたら
ご家族で鑑賞会がお勧めです。




posted by うまよいびと at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

チベットからのはがき


5月のチベット旅行での事
思ってもいなかった話が聞こえてまいりました。
なんでもチョモランマベースキャンプから手紙が出せるとか・・・
日本で言えば
富士山山頂郵便局みたいな消印・・・・
夢が膨らむ・・・
早速、はがきと切手を探すんですがどこにもない!
街にもホテルにも。
ま〜チョモランマBCに行けば郵便局があるんだから
なんとかなるでしょう〜。
と、到着したんですが・・・
ガイドいわく
「ここに昨年まであったんですが・・・」と
指を指す先にはコンクリートの基礎があるだけでした。
そんな訳でその後
ヤット探した郵便局で切手を購入
(はがきは何処にもありませんでした)
ホテルにサービスで置いてあったハガキでやっと
1通だけ投函
(ま〜迷子になるだろうな!)と思っていたのですが、
昨日、妻の実家から届いたとの電話。
50日もかかりましたが、無事任務完了。

DSC_1290.JPG
posted by うまよいびと at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年07月20日

夏休みは旧盆の時に

ブログで書きたい事は多々あるのですが、
西日本の被害状況をTVで見ますと、
書きだす気力が失せます。

とんかつの店馬酔木の厨房も暑いです!
でも、炎天下の片付けを思えば・・・。

夏休みになると
「夏は休みますか?」との質問が多くなりますので
店舗に貼りだす前にご案内です。

8月13日(月曜日)はランチタイムのみの営業
8月14日(火曜日)から16日(木曜日)までを連休いたします。

(この暑さでは市場のお休みに合わせないと野菜がもちません)
posted by うまよいびと at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年07月17日

今週は連休となります。


火曜日と第三水曜日は定休日となっております。
尚、
とんかつの店馬酔木は
8月13日(昼のみ営業)14日〜16日を夏季休業致します。

posted by うまよいびと at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年07月14日

土曜日、日曜日そして祭日は


土曜日、日曜日はランチメニューのご用意がございません、
グランドメニューからのご案内となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土曜日、日曜日そして祭日は
ご予約を中心にて馬酔木を運営いたします。
とんかつの店馬酔木は小さなお店です、
お席のご予約をお願いいたします。
posted by うまよいびと at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年07月08日

被害が凄すぎる!


大雨の被害には驚くばかりで、
今日も特別警報が出ている地域があるようで被害の
全体はまだつかめないようです。
とんかつの店馬酔木にお米を届けてくださる
農家さんにも大きな被害が出てるようで心配でなりません。

ニュースで何度も何度も
「雨の様子を(田畑など)見に行かないでください」と話しかけております。
私たちからすれば
危険すぎる行動!と思えますが、
お米を作っている農家さんだったらどうでしょうか。
お米は今年の収入(1度しかとれません)
手がかかる大切に育ててきた子供のような存在かもしれません。
心配で見に行きたくなるのは当然の事

命がけで育てたお米
果たして私たちは
農家さんに感謝していただいているでしょうか?

今日は早めに馬酔木を閉めました。
もう1度ご飯を炊きますと半分は残ってしまう!
ご予約のお客様のほとんどがお食事がお済です
では閉店で。
完全予約とはいきませんが、
ご予約中心での営業は無駄を無くすことにつながります。
尚、
水曜日からは新潟県南魚沼産コシヒカリとなります。
posted by うまよいびと at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年07月03日

DVDを購入したんですが・・・


カイラス山巡礼は感動的でしたので、
ホール主任に
「今度、一緒に!」と聞きましたところ
「絶対!行かない!!」と言われました。
長男は
「100万円積まれても行かない!」と・・・

そこで、興味を持ってもらうためにDVDを購入致しました。
昨夜に鑑賞会
「すごいね〜でも、、、行かない!」そうです。
購入したDVDは
ラサへの歩き方
  祈りの2400q
DSC_1650.JPG


posted by うまよいびと at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年06月28日

チベット カイラス山巡礼から2週間


チベットから帰りまして2週間が過ぎておりますが、
いまだ・・・燃え尽き症候群で(笑)
どうも、朝のストレッチ&筋トレを頑張れません。
次の目標を定めないと・・・
サッカーや野球はそれほど好きではなかった
話題についていく程度。
そして、
国内外の(F-1を含め)レースもある意味クルマも興味が無くなった。

こんな凄いもの見た後では・・・

DSC01387.JPG

DSC01629.JPG
大地に残った五体投地の跡

邪魔をしてはいけないと背後から
DSC01502.JPG

DSC01575.JPG

DSC01576.JPG

DSC01578.JPG

前からの五体投地の写真は彼らと目が合いまして、
合掌した後にカメラを持って「良いですか」と訊ねると
頷いてくれまして何枚か撮らせてもらいました。
「何か渡しても良いの?」とガイドに聞きますと
「お金は失礼ですが、食べるものなら受け取ってもらえます」との事
(早く聞けばよかった!
  それからはキャンデーやお菓子を皆様にお渡しいたしました)

5000mに近い標高です、五体投地で進むのは大変苦痛です。
休憩や翌日に続ける場合は、ここまで!の印で置いていく手袋。
ポタラ宮殿や有名寺院での五体投地でコラル(巡礼)の場合は石とかを置いています。

DSC01633.JPG

DSC01568.JPG

ご存知のようにチベットは監視の目が厳しいです。
公安、警察、武警、、、(+監視カメラ)
そんな場面にカメラを向けるとタイヘンな事になるようで
一枚も写真は撮っておりません。
フリーチベット、ダライラマのTシャツも着れませんし(旅行者も)
今回もバルコル(八角街)で
「これからどこに行く?」と4〜5人で話していたら
私服の誰かが「何してる?」と話しかけて来た、、、。

チベットの辺境の地域にも沢山の住宅が出来ようとしています。
古い住居からの移動なら良いんですが、遊牧民の定住化だとすると・・・
それを確かめる術はありません。

ですが、
ラサからのカイラス山そしてグゲ遺跡までの国道は完全に舗装され
快適に移動ができます。
(1000`以上信号が無い!んですが、チェックポイントは多数ありまして
 パスポートもチェックがありました)
一番の目的は住民の利便性ではなく軍事目的に必要不可欠な道路なんでしょうね。
文化大革命の破壊活動を治して観光に力を入れていきたいのでしょうが、
果たして修復はなるのでしょうか?
昔は信仰の為に努力したが、今は報酬に見合うだけの仕事をしているとしか
思えない節があります。(色使いとか・・)
辺境の小さな飲食店でもスマートペイは普及しておりますし、TVでは中国の富裕層を
テーマにしたドラマが流れております。
あと何年後にはこの地方はどうなって行くのか・・・。

できる事なら、信仰の自由は保障して欲しいものです。
posted by うまよいびと at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ

2018年06月22日

グゲ王城遺跡


チベットの情報はあまり日本で目にする事は出来ません。
特に西の果てですと・・・アリ地区
アリ地区と言うのはチベット自治区の最西部で新疆ウイグル自治区やインドと境界を接します。
昔は道路状況が悪かったのですが、現在は舗装工事が完了しアクセスが楽になりました。
カイラス山巡礼を終えた翌日はその道路を300q走りアリ地区ンガリ地方にある

DSC01648.JPG

グゲ王城遺跡の見学となりました。

DSC01817.JPG

遺跡に着きますと幸運にも!
中国政府の広報活動の一環でしょうか?
地元の踊りをビデオに収録しておりました。
少し遠くから見学と少し写真を
DSC01814.JPG

DSC01812.JPG

DSC01796.JPG

DSC01810.JPG

グゲ王国は(842〜1630)その最後の王宮がこちら
想像以上にデカい!
残念なのはここも文化大革命で徹底的に破壊されていること。

DSC01818.JPG

あまり壊されていない仏像もあるのでガイドさんに
「命令で壊せと言われたけれど良心の呵責からこの程度にしたのか?」
と聞きますと
「違います!金や宝飾品の多い仏像は略奪の対象ですから」・・・とのこと。
言葉を失う

DSC01835.JPG

遺跡の頂上までは結構厳しい登り
息を切らして登り、呼吸を整えていると
はるか下に見えるランチェン・ツァンポ川から
爽やかな風が吹き上がってくる。
当時の王様はどんな風景をみていたのだろうか。

DSC01840.JPG

posted by うまよいびと at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記